2017年12月26日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
辛い身体の痛みの改善や、認知症予防などの
特集が行われます、最初は肩こりから。

スポンサーリンク

 

肩こりと肩甲骨は関係あるの?

しつこい肩こりの改善法を伝授する名医は
北アルプス医療センターあずみ病院
肩関節専門のリハビリセンターに在籍する
畑幸彦先生です。

 

肩甲骨と肩こりには大きな関係があると
畑先生は話します、最近健康系の雑誌でも
肩甲骨という言葉は目にします。

 

普段から肩甲骨を大きく動かす仕事に
就いている人は肩こりとは無縁という
データもあるそうです。

 

肩を大きく動かす職業で挙げられたのが
バレエダンサー。

 

バレエダンサーは肩こり知らずの職業と
言われている、実際にダンサーさんは
肩こりはあまりないという話が。

 

肩甲骨と動かす事と肩こりには
どのような関係があるのか?

 

肩甲骨は腕と胴体を結ぶ三角形の骨
上下左右、自在に動かす事が出来る
他にも腕を回したり上げたりすることも。

 

しかし普段の生活では肩甲骨を
大きく動かす機会はあまりない
その結果周りの筋肉が硬くなり
肩甲骨も動きにくくなる

 

酷い慢性的な肩こりを持っている人は
肩甲骨の動きはどうなっているのか?
38歳の女性に協力をしてもらいます。

 

この女性は肩こりのせいで
ふきんを搾る力がなく、また食器棚の
一番上の段の所まで手を伸ばすと
痛みが出るようです。

 

肩甲骨の状態がどうなっているのか調べると
肩甲骨が外側に広がり傾いている
つまりずれているのです。

 

健康な人は肩甲骨は腕を下した状態から
上げると60度はあがるとのこと
女性の場合はその半分、30度しか
上がりませんでした。

 

どうすれば肩こりを和らげることが
出来るのでしょうか?

 

肩こりを輪ゴムで改善する!?肩甲骨のチェック法

まずは肩甲骨のチェックから
状態を知るのは大切です
肩こりがある人、無い人もまずは
チェックしてみましょう。

 

背面指合わせテストというチェック法
やり方も簡単

1 両手の甲を前に向け腕を少し開いて立つ
2 腕をまっすぐ伸ばしたまま後ろへ
3 背中の後ろで両手の親指をつける

親指同士がついたら合格
肘を曲げてはいけません
このチェック法は肩甲骨を
内側に寄せられるかをみるテストです。

 

次に輪ゴム体操のやり方を紹介

肩幅の長さに合わせ輪ゴムを
6個から10個つなげて、輪ゴムがたるまないように
両手で持ち、わきを締めて腕を体にぴったり
くっつけて、そのまま輪ゴムを引っ張り
ゆっくり両手を広げて10秒間とめて元の位置に
ゆっくり戻す、肩甲骨を背中に寄せて
舌に引っ張るイメージで行いましょう

10回を1セットとして1日3セット行おう。

 

 

 

スポンサーリンク