2016年6月14日放送のたけしの家庭の医学
今回は2時間SP、テーマは3つありますので
分けて記していきます、2つ目は動脈硬化を
予防する食材です。

スポンサーリンク

 

動脈硬化は悪玉コレステロールが原因

悪玉コレステロールの量が少ないといいのですが
現代の食生活を考えれば難しいのではないでしょうか。
美味しいものが多く誘惑もありますから・・・

 

東京医科大学病院の、椎名一紀先生の話では
ある食材には、悪玉コレステロールを
下げる働きをしてくれるといいます。
どんな食材でしょうか。

 

古くから健康食材として食べられている大麦

かつては徳川家康もよく食べていて、日露戦争中にも
食べられていたといいます、また日露戦争中は
脚気も流行っていて、この食材を食べると
なんと脚気を抑えられたというのです。

 

その食材は大麦です、イネ科の穀物で
最近は人気上昇中のヘルシー食材として注目
されています。

精白大麦 1Kg

価格:610円
(2016/6/14 20:21時点)
感想(32件)

 

大麦の何が悪玉コレステロールを減らすのか?

大麦βグルカンが関係していて、腸に入ると
ゲル状に変化し、胆汁酸を体外に排出してくれるとのこと。
すると胆汁酸が足りなくなる、そしたら肝臓は
コレステロールを使い胆汁酸を作ります

そしたらコレステロールが減っていくのです。

 

大麦をよく食べる人は悪玉コレステロールは少ないのか?

慈恵大学病院で勤務されている方たちで
検証をすることに、勤務されている人たちは
病院食として、大麦を毎日摂取しているとのこと。

 

管理栄養士の方たちが参加していましたが
管理栄養士だからといって
健康にいつも気遣っているわけではないようです(笑)
なんとなくほっとしました、全て完璧では
ないという事に・・・・

 

3名の方に協力をしてもらい、結果は
どうなったのかというと、3名とも
悪玉コレステロールは基準値内でした。
毎日食べると効果があるんですね。

 

大麦を1日に食べると効果的な量は一体どれだけ
なのかというと、大麦βグルカンが1日3g
と言われていますが、これを大麦ご飯として食べると
茶わん4杯分だそうです、これは大変だ・・・

 

ご飯以外で大麦を効率よく摂取するためには?

家庭でも簡単に作れる料理の紹介
・大麦入りネバネバ小鉢
1 すりおろした長芋(60g)に茹でた大麦(60g)を加える
2 納豆(20g)メカブ(1パック)オクラ(60g)うずらの卵1個入れて完成
水溶性食物繊維がたっぷり含まれているのでお勧めです。
麦ごはん2分の1の大麦を摂取できます。

 

・大麦の豆乳スープ
1 茹でたお湯に、人参(20g)とチンゲン菜の軸(100g)を入れる
2 茹でた大麦(60g)を入れる
3 大豆水煮(50g)を入れ、鶏がらスープ(顆粒5g)で味を調える
4 豆乳(150g)を入れて更にひと煮立ちさせ塩コショウで味を調える
5 片栗粉でとろみをつけ完成
このスープでも、麦ごはん2分の1の大麦が摂取できます。

 

その他にも、大麦ミートソースや大麦ハンバーグなども
紹介されていました。

 

一般の方はどれだけ悪玉コレステロールを減らせるか?

49歳の女性が検証してみる事に、悪玉コレステロールは
151と基準値をオーバーしています。

 

女性は体型は太っていませんしスマートな方ですが
つまみ食いが本当に多い、クッキーやチョコレート
食パンなど、これだと悪玉コレステロールが
あがってしまいますね・・・

 

上記の大麦レシピを食べていき、悪玉コレステロールが
どう変化するのでしょうか、気になりますね。
紹介された他にも、大麦キーマカレーを作ったりしました。

 

2日目は
・麦ごはんの鯛茶漬け
・大麦チヂミ 大麦入りわかめスープ
・麦ごはん、鮭と大麦のホイル焼き、大麦入り豚汁

 

3日目は
・麦ごはんのイカ刺し丼
・レンコンと拭きの大麦の煮物、麦ごはん
・麦ごはん、大麦のつみれ汁、大麦揚げ餃子

 

3日目には変化が出てきて、夜中のつまみ食いが
やめられるようになり、間食も減ってきました
そして2週間後、悪玉コレステロール値はどうなったか?

 

検証後は121にも減っていました、30も減りました!
このまま食べていくともっと下がっていくんでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク