奥園流ビタミンCたっぷりレシピ!これを食べ風邪を引きにくい身体に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たけしの家庭の医学、2015年3月24日放送のスペシャル
5大栄養素を上手に摂る方法の特集を
まとめました、よろしければご覧ください。

 

 

 

風邪をひきやすい人、引きにくい人の違いとは?ある栄養素が・・・

6名の方にある栄養素の検査をしてもらいましたが
風邪をひきやすい3名の方は、それが足りず
引きにくい人の3名はその栄養素が満たされています。

 

 

 

ではこの栄養素って何でしょうか?それは
「ビタミンC」です。

 

 

 

ビタミンCって?

血管や肌など様々な体の重要な機能を正常に働かせるために必要な
栄養素です。

 

 

 

しかし、このビタミンCは体内では作ることが出来ない!
なので野菜や果物を毎日摂取する必要があるんです。

 

 

 

体内にビタミンCがあるとなぜ風邪をひきにくいのか?

ビタミンCは活性酸素を消去する能力があり
その能力が高ければ高いほど免疫力を高めることができます。

 

 

 

活性酸素とは?

体の細胞は酸素を取り込みエネルギーを作り出しています。
活性酸素は、エネルギーに使われた酸素の一部が
変化した物質です、ある特徴があるんです・・・それは
「細胞や組織を錆びさせてボロボロにする」

 

 

 

この活性酸素の量が一定量を超えると
免疫細胞を攻撃してやっつけてしまいます。
そのせいで免疫力は低下してしまいます。

 

 

 

そうなることで外から入ってきたウイルスなどが
体内で悪さをすると、対抗する免疫細胞が低下しているので
風邪などをひきやすくなるという事。

 

 

 

風邪だけで済めばいいですが、活性酸素は
細胞を壊し免疫力を低下させます、それががんの原因の
ひとつともされています、恐ろしいですね・・・

 

 

 

その活性酸素を退治するのがビタミンC

体内でビタミンCが活性酸素に触れると、活性酸素って
ビタミンCを攻撃するんです、そしてビタミンCは錆びてしまい
活性酸素は分解されて無毒になるという事が起こるんです。
これは是が非でもビタミンCを体内にたくさん入れたいですね。

 

 

 

先ほどの6名は活性酸素量も調べると
風邪をひきやすい人は多く、引きにくい人は少ない。

 

 

 

ビタミンCの摂取量は?

1回に過剰にとってしまうと排泄されてしまうので
1日3回に分けて摂取するのが効果的だそうです。
ちなみに推奨量は1日500mgの摂取を目標。

 

 

 

先ほど風邪をひきやすい方々の1人に
ある食材を毎日摂ってもらう事に。
それはキウイ。

 

 

 

キウイはビタミンCが1個あたり60mgも含まれています。
これを1日9個、毎食3個ずつ食べることになりますね。
きついけど頑張るしかないです、5日間食べます。

 

 

 

5日分ですからね、飽きてきますよね。
ですがなんとか5日間、45個を食べきりました。
そして検査をすれば驚きの結果が・・・

 

 

 

活性酸素の数値は401でした、それが370に!
風邪知らずの数値347には届きませんでしたが
キウイを食べただけで、これだけ下がるのは凄いです。

 

 

 

だけど果物だけではきついですよね?
他の食材なんかでもビタミンCって摂れないのか?
そこで登場したのが奥園先生!

 

 

 

ほうれん草などもビタミンCは豊富ですが、加熱すると
減少してしまうのです。

 

 

 

奥園流ビタミンCたっぷりレシピ!

さすがの奥園先生でも加熱なしでビタミンCを豊富に
摂る料理というのは難しいようです。
それでも考えだした料理は3品です。

 

 

 

キャベツとジャガイモの豆乳シチューの作り方

DC_0055-1

 

1 ジャガイモの皮をむいて切る
 ジャガイモ2個はレモン4個半に匹敵するビタミンCを含んでます。
 更にジャガイモはでん粉に守られているので
 ビタミンCの損失が少ない野菜なんです
 守られているおかげで、煮ても85%が温存されているんですよ。

 

2 キャベツをざく切り

 

3 ハムを短冊切り

 

4 じゃがいもと水を鍋に入れる、火を付けない状態で
 ジャガイモをほぐす

 

5 それから野菜とハムを入れて塩を少々

 

6 キャベツが柔らかくなるまで煮る

 

7 じゃがいもをへらで細かく砕き、豆乳を入れる

 

8 塩と粗挽きこしょうで味を整える

 

これで出来上がりです!
DSC_0058

 

 

 

鶏肉とブロッコリーのおかずスープ

DC_0056-1

 

1 青ネギを小口切り

 

2 ブロッコリーを手で小房にちぎる(茎も使う)
 ブロッコリーの火の通りをよくするポイント
 ブロッコリーを手でちぎり、小房にして切る所ですが
 包丁で切ると、房の部分がボロボロになるので
 そうならないように、画像のように根元に切り込みを入れて
DSC_0059 
 そして切込みを入れた所から、手で割く。
 これでブロッコリーが崩れません。

3 辛子明太子を細かく切る

 

4 鶏挽き肉と生姜を鍋に入れる

 

5 水を入れ沸騰させる
 それから調理をするとき、画像のようにして煮ます。

 

DSC_0061
 どうしてかというとひき肉を細かく崩してしまうと
 アクが出てしまいます。
 固まりのまま加熱した方が澄んだスープができるとのこと。
 画像を見ると、油は浮いてますがアクはあまりないですね。

DSC_0060

 

6 固まったひき肉を潰す

 

7 ブロッコリーを入れ10分煮て、ブロッコリーを潰す

 

8 青ネギ、明太子を入れる

 

9 醤油を適量いれ、器に入れた後ごま油をかける

 

これで完成です!
DSC_0062

 

 

 

パプリカと鶏団子のトマトスープ

DC_0057-1

 

1 赤パプリカを手でちぎる
  赤パプリカは野菜の中でもビタミンCを多く含む食材
  その量はたった2個でレモン23個分!
赤パプリカを手でちぎる理由は、断面がぎざぎざに
  なることによって、火の通りが早くなるため。

 

2 トマトをざく切り

 

3 玉ねぎをみじん切り

 

4 オリーブオイル、にんにくを鍋で炒める
 それから赤パプリカも炒める
 パプリカを炒めてますが、ビタミンCって加熱に
 弱かったと言ってましたが、パプリカの場合
 炒めても損失がそれほどない野菜なんです。

 

5 ケチャップ、トマトを鍋に入れる

 

6 玉ねぎ片栗粉、豚ひき肉を袋に入れて肉団子を作る

 

7 肉団子を丸い形にして鍋に入れる

 

8 混ぜないでそのまま煮る(肉団子はいじらないように)
  写真の状態のまま煮込んでください、混ぜてしまうと
  肉団子が崩れてしまうので。
  ある程度時間がたったら混ぜてもいい

 

DSC_0063
9 醤油で味を調える

 

これでできあがり!
DSC_0064
ビタミンC特集は以上です!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:2015年度の放送 

最近の投稿
カテゴリー
.

ページの先頭へ