多糖類の食材は何か?適度な炭水化物摂取が物覚えに影響する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たけしの家庭の医学、2015年3月24日放送のスペシャル
5大栄養素を上手に摂る方法の特集を
まとめました、よろしければご覧ください。

 

 

 

物忘れが多い人が足りない栄養素とは?

これは炭水化物が不足しているのが原因とされています。
これが脳のエネルギーなので、不足していると
脳の働きがよくなくなってしまいます。

 

 

食べ過ぎはよくないですが、脳のエネルギーになる
程度の炭水化物は摂る必要がありますよね。

 

 

脳を効率的に若返らせる為に気を付けたい炭水化物のとり方

炭水化物は3種類あり
単糖類、二糖類、多糖類がありますが
単糖類、二糖類は脳に栄養がいきわたるのも早いですが
血液中の糖分の上昇が多糖類よりもあがるので
あまりお勧めは出来ません。

 

 

なので多糖類摂るのがベストかと言われてます。
では多糖類というのはどういう食材か?

 

 

その前に、物忘れに悩んでいるMさんには
買い物テストをしてもらいます。
紙に書いている食材を見て暗記、それから
スーパーで30分でそれを買うというテスト。

 

 

20品目までは順調でしたがそれからがストップ。
30分が来てテスト終了、手に取った品は24品。
平均を1個上回ったので、良し・・・ですね。

 

 

それから5日間、多糖類を238~309gを摂取。
朝はバナナ、パン
昼はラーメン
おやつ、大学芋
夜は納豆、大豆、白米

 

 

こういう感じの食事を5日間続けて再び買い物テストへ。
なんと開始7分で前回の記録24品をクリア。
結果は29品に増えました、たった5日間で記憶力が
全然かわりましたね~

 

 

多糖類の中でも効率よくゆっくりと吸収される食材は?

ゆっくりと分解、吸収される多糖類の順番
パスタ>そば>うどん>白米
という順番なんです、ではパスタが一番の理由は
デュラム小麦から作るセモリナ粉でパスタの多くは作られてます。

 

セモリナ粉は粒子が粗く腸での吸収がよりゆっくりになる

 

普段よく食べているパンですが、これは白米と同じくらい。
フランスパンはそばとうどんの間あたり。
もちは白米の下くらいです。

以上となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:2015年度の放送 

最近の投稿
カテゴリー
.

ページの先頭へ