冷え性対策、自律神経が乱れる入浴方法から正しいお風呂の入り方を学ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年放送のたけしの家庭の医学
冷え性の特集をまとめてみました。
足先が冷えると寝れないっていうのはよく聞きますよね。
私も足先が冷たいと寝れないくちです。

 

 

 

何か対策はしているのかと、町の人の話を聞けば

・半身浴をしている
・週に1回マッサージをしている
・湯たんぽを使う
・生姜湯を飲む

実は間違った冷え性の対策をすると余計に悪化させる事に
なるんですよね、悪化するのは勘弁してほしいです。
ではどういったことが間違っているんでしょうか。

 

 

 

テレビにでていた2人の冷え性の方々の生活を見てみましょう

 

 

 

1人目の方は、冷え性対策にしていることはこれ。

・仕事中
 足には部屋用のブーツをはき、靴下は数枚重ねて履く
 毛布にくるまって、ファンヒーターで仕事中はしのいでいるようです。

・食生活
 生姜は2日に1回は必ず食べているんだとか。
 だけど台所が寒くてつらいので、作り置きをするんだとか。

・寝る前
 電気毛布を使いますが、寝る6時間前につけるんですって。
 早いような気もしますが、そうじゃないと寒くて眠れないんだとか。

・入浴 
 42度のお湯で30分半身浴

 

 

 

何かは間違った対策をしているんでしょうね~
続いて2人目の方の冷え性対策。

 

 

 

・ホットドリンクをたくさん飲む
 
 ヤーコン茶を飲んでいるようです、そのほかにも
 色んなホットドリンクを飲み1日に10杯飲むんだとか。
 トイレ行く回数も増えるねこれだと。

・入浴
 全身浴で41度で30分ほど

・寝具
 布団乾燥機で布団を温める、寝る一時間前に。

 

 

 

このお二人の冷え性対策を見て先生が注目したのは
お風呂です!
お風呂の何が悪いのかというと、温度と時間です。

 

 

 

長時間入ってると自律神経を悪くして
それで血流も悪くなって、冷え性を悪化させるんだとか。

熱いお風呂に長時間入る
    ↓
交感神経が優位に
    ↓
血管が収縮
    ↓
冷え性が悪化

というようなサイクルになるんです。
更に、一度乱れた自律神経は、なかなか戻らないと。

 

 

 

血流不足を解消するには

先ほどのお二人も、食事や就寝時などは間違いではないんです。
ですが、お風呂ですべて台無しになります。

 

 

 

このお風呂の部分を改善することによって、冷え性からの
脱却を図れるかもしれませんね。
では具体的にはどうやって改善すればいいのか?

 

 

 

温度は39度から40度

ぬるいという印象がある温度かと思いますが
入ってることによって、だんだんと体が温かくなってきます。
それだったら熱い温度ですぐあったまる方がいいんじゃないの?
っていう人もいるかと思いますが・・・

 

 

 

それをやってしまうと、湯船の中と外の温度差に
身体が対応できなくなるんです。
結果、交感神経が優位になって、血管が収縮するんです。

 

 

 

熱い温度=体が温かくなる
っていうのは誤解です、入浴後は冷えやすくなると言われてます。

 

 

 

時間は全身浴1:半身浴2

理想とするのはこの数値で、例えば時間を15分
入浴するとしましょう、そしたら
全身浴は5分で、半身浴は10分という感じに。

 

 

 

入り方にもコツがあって、まずはかけ湯をし
それから全身浴をする。

 

 

 

自律神経は温度差に弱いので、まずはかけ湯をして
温度に慣れる
、あながち銭湯とかに行くと
おじさんがお風呂に浸かる前にかけ湯をするのって
意味があったという事なんですね、私も知らず知らずに
やっていたんですが、今話を聞いてなるほどと。

 

 

 

そして首までつかるというのも理由が
首には自律神経のセンサーがあるので、そうすることで
副交感神経が優位になり血流がよくなりやすいとのこと。

 

 

 

次に半身浴に移るんですが、これは外に出る準備をする意味。
という事はもうお分かりかと思いますが、外気温に
身体をなれさせるという事ですね。

 

 

 

後は無理をしないこと、上記のような温度でも
熱いと感じれば、早く切り上げることも大切です。

 

 

 

あともう一つ冷え性対策に良い入り方があります。
それは温泉浴と言われるもの。

 

 

 

ではどういうタイプの温泉に入ればいいのかというと
塩化物泉という温泉に入るのがいいと。

 

 

 

文字通りに塩分を多く含む温泉です。
塩分濃度が高いほど身体が温まり、冷え性改善に
期待が持てるという事です。

 

 

 

ではここで塩分濃度が高い温泉ランキングを紹介。
冷え性改善が期待されているので、気になるところですね。

5位 和歌山県の白浜温泉
4位 石川県の和倉温泉
3位 静岡県の浜名湖かんざんじ温泉
2位 青森県の黄金崎不老不死温泉
1位 兵庫県の有馬温泉

ぜひ近くにお住まいで
冷え性の方は行ってみるといいですね。

 

 

 

では先ほどの冷え性に困っている2人目の方に
1週間温泉に行ってもらい、先生の言う入り方を
してもらいました。

 

 

 

入浴後12時間たっても体があったかい状態が
続いていると改善の兆しが出ている証拠のようです
そしたら・・・足先の温度はあがっていました。
これは一度実践してみるのもいいですね。
以上となります、読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:2015年度の放送 

最近の投稿
カテゴリー
.

ページの先頭へ